DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:洋画


1987年。イギリス。
監督:ジョン・グレン
ティモシー・ダルトンが4代目ジェームズ・ボンドを演じたシリーズ第15作目。
シリーズ生誕25周年を記念して製作された本作では原点に立ち戻り、ボンドの姿がより原作に忠実に描かれることになった。
ソ連のアフガニスタン侵攻など、当時の世界情勢を反映した設定にも注目。

~あらすじ~

東西冷戦の最中、ソ連のKGB高官コスコフが亡命を望んでいるとの情報を入手した英国情報部員ジェームズ・ボンドは、亡命を手助けするためにチェコスロバキアのブラチスラバ(現スロバキアの首都)を訪れていた。
KGBの妨害工作をかわし、ボンドは鮮やかな手腕でコスコフを無事西側へ送り届けることに成功する。
亡命したフラコフはKGBの秘密作戦の情報を提供。
“スミアート・スピオーネン(スパイは地獄へ)”と名づけられたその作戦は、KGB長官のプーシキン自らが指揮を取り、西側の大物スパイを皆殺しにする計画だった。
しかし、その直後KGBの工作員によりコスコフは奪還されてしまう。
事態を重く見た英国情報部の幹部Mはボンドに、この作戦の阻止を命じた。
再びプラチスラバに渡ったボンドは、亡命時にコスコフを狙撃しようとした美しいチェリスト、カーラに接触するが・・・。

~出演者~

ティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジェローン・クラッペ
ジョー・ドン・ベイカー 他

~感想~

ヒロインがあまり好みでなかったからか
ちょっと微妙でしたね。

~評価~

ストーリー ☆☆
映像     ☆☆
音楽     ☆☆☆
総合評価  ☆☆

スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 映画視聴記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。