DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:洋画


1992年。アメリカ。
監督:クリス・コロンバス
音楽:オープニングテーマ「シネマノスタルジア」久石譲作曲
空前の大ヒットを記録した驚異のファミリー映画『ホーム・アローン』。
クリスマス旅行の日に、慌て者の家族たちにうっかり家に置き去りにされてしまったケビン少年が、知恵を絞って2人組の強盗から我が家を守るという、勇気と冒険心に溢れ、同時に家族愛の素晴らしさを教えてくれる物語は、老若男女問わず全世界で愛された。
その続編となるのが『ホーム・アローン2』!
今回は舞台をニューヨークへと移し、面白さとスケールが大幅アップ。

~あらすじ~

クリスマス休暇をフロリダで過ごすことになったマカリスター一家は、旅行に向けて大忙し。去年のクリスマスは、あろうことか三男のケビン(マコーレー・カルキン)を家に置き去りにしてしまったので、パパのピーター(ジョン・ハード)と、ママのケイト(キャスリン・オハラ)は、今年はそれだけは避けたいと思っている。
そして、旅行当日。
去年と同様、やはり大寝坊をしてしまった一家は慌てて空港へ向かうバンに乗り込む。
だけど、去年と違うのは、今回はケビンがいることをちゃんと確認済みの点だ。
搭乗時間ギリギリで空港に着いた一家は、ゲートまで猛ダッシュをきめる。ケビンも急ぐが、ボイス・レコーダーの電池が切れてしまったため、パパの鞄から電池を探しだし、取り替えているうちに家族を見失ってしまう。
これはやばい!
と思ったら、遠くにパパのコートが見えるではないか。
急いで、パパを追ってゲートへ向かうケビン。
ようやく追いつき、そのままパパが搭乗した飛行機に乗り込み、空いている席に着いた。
あとはフロリダに到着するのを待つのみ。
と思っていたら、なんとケビンが乗り込んだのはフロリダ行きではなく、ニューヨーク行きのフライトだったのだ。
そう、パパだと思って追いかけていた男性は、パパと同じコートを着た別人だったのだ!!

~出演者~

マコーレー・カルキン・ジョー・ペシ・ダニエル・スターン
キャスリン・オハラ・ジョン・ハード 他

~感想~

前作とほぼ同じ感じなので、前作以上を求めてみるとちょっと残念に思うところがあります。
でも、ホーム・アローンシリーズは他にない面白さがあって何度もTV放送されてますが
毎回楽しめますね。

~評価~

ストーリー ☆☆☆☆
映像     ☆☆☆☆
音楽     ☆☆☆☆
総合評価  ☆☆☆☆


スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 映画視聴記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。