DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:洋画


2004年。アメリカ、イギリス、カナダ。
監督:マレク・カニエフスカ
1967年に出版された、エレノワ・ブルワー・フィルビーの著書『キム・フィルビー(Kim Philby):私の愛したスパイ(Kim Philby: The Spy I Loved)』に基づいて制作されたスパイ映画。映画の中の登場人物は実名ではない。
劇場未公開作品。

~あらすじ~

1963年東西冷戦下のベイルートで出会ったイギリスの特派員レオと結婚し、幸せな生活を送っていた女性サリー。
ある日突然レオが失跡した。
彼女はイギリス情報部(M16)の尋問を受け、夫レオがソ連の二重スパイだったことを知る。
ショックを受け、アメリカに戻ったサリーの元に、モスクワでKGBのエージェントとして働くレオから手紙が届く。
真実を確かめるため、彼女は危険を冒してモスクワに潜入。再会を果たすのだが、厳しい監視に縛られる生活に疲れたサリーは、アメリカに帰国。
そこで待っていたのは、CIAによる過酷な迫害だった。
国を売った男とその妻。
それが2人の現実だった。
すべてを受け入れたサリーは、愛を取り戻すためレオを再び亡命させようとする。
だが、2人に待ち受ける過酷な結末とは…。

~出演者~


シャロン・ストーン 、ルパート・エヴェレット、ジュリアン・ワダム
マイケル・コクラン、ジム・ピドック、リチャード・マクミラン
ミミ・カジク、ジョス・アックランド 他

~感想~

眠くなる内容でした。
男はいつでもどこの国でも自分勝手な生き物なんでしょうか。

~評価~

ストーリー ☆☆
映像     ☆☆☆
音楽     ☆☆
総合評価  ☆☆

スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 映画視聴記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。