DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:洋画


この作品の予告編を見る⇒YouTube

公式HP
2004年。アメリカ。
監督:ジョナサン・ヘンスレー
愛する家族を殺されたFBI潜入捜査官が、憎悪の復讐者へと化す・・・闇の死刑執行人“パニッシャー”が、法に代わって悪を裁く姿を描く。
パニッシャー/フランク・キャッスル役に「ドリーム・キャッチャー」のトム・ジェーン、悪の権力者ハワード・セイント役に「サブウェイ・パニック」のジョン・トラボルタ。
この2人の俳優が互いに壮絶な復讐劇に身を投じる男を熱演する。
「アルマゲドン」の脚本で知られるジョナサン・ヘンズリー初監督作品。
「007/ゴールデンアイ」のマイケル・フランスも共同脚本として参加。

~あらすじ~

法の目をかいくぐり、絶対的な力によって裏社会を支配する資産家ハワード・セイント。
ある夜、セイントの溺愛する息子ボビーが密輸取引の現場でFBIに射殺された。
ボビーを死に至らしめた一人の男、FBI潜入捜査官フランク・キャッスルの存在を知ったセイントは、フランクへの復讐を誓う。
一方、任務を終えたフランクは休暇をとり、家族と幸せなひと時を過ごしていた。
そこへ、セイントの一味が現われ愛する妻と息子、そして父までが無残に殺されてしまう。
フランク自身も銃弾に倒れたが、奇跡的に一命を取り留める。
一人生き残った彼は、法に代わり自らセイントへ制裁を下すことを心に誓い、闇の私刑執行人“パニッシャー”へと生まれ変わるのだった。

~出演者~

トム・ジェーン、ジョン・トランボルタ、ロイ・シャイダー
レベッカ・ローミン=ステイモス 他

~感想~

アメコミだと最初から分かっていてみれば良いですが、ただの映画だと思ってみたので
残念な感じがしてしまいました。
是非とも“アメコミ”というのを頭においてみてください。

~評価~

ストーリー ☆☆
映像     ☆☆☆☆
音楽     ☆☆☆
総合評価  ☆☆☆



スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 映画視聴記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。