DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:邦画


公式HP
2007年。
国民的ベストセラー・浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」に所収の、長く映画化が待ち望まれていた短編小説を「MISTY」の三枝健起監督が映画化

~あらすじ~

「・・・突然ではございますが、昭和25年の開館以来、半世紀以上にわたって地元の皆様に愛され親しまれて参りましたオリヲン座は、誠に勝手ながら今秋をもちまして閉館いたすことと相成りました・・・」
この招待状が届いた別居中の夫婦、祐次と良枝。
子どものころオリヲン座を遊び場として育ったふたりは過ぎ去りし日を思い出す。
京都の映画館・オリヲン座。
かつては多くの観客で賑わっていたこの劇場は、先代の館主・豊田松蔵が病に倒れてから、妻であるトヨの手によって大事に守られてきた。
そんな彼女を支えてきたのは映写技師の見習いとして松蔵に弟子入りした青年・仙波留吉。
2人はその関係を周囲から陰口を叩かれながらも、それでも必死に映画館を存続させようとする。
しかし、テレビの台頭とともに経営は苦しさを増していったのだった。
招待状の最後には、最後の上映日時が記されていた。
人々は、最後の上映に向けてそれぞれの思いを胸に古ぼけた映画館に向かう。
そこには優しい奇跡が待ち受けていた・・・。

~出演者~

宮沢えり、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ
樋口可南子、原田芳雄 他

~感想~

配役がよかったです。
でも、特に心動く場面がないですね。
綺麗ではあります。

~評価~

ストーリー ☆☆
映像     ☆☆☆☆
音楽     ☆☆☆
総合評価  ☆☆☆


スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 映画視聴記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。